GoogleAds responsible




FX・デリバティブ

【トルコ】米国人牧師を解放 拘束2年、関係悪化の原因に 専門家「問題は牧師解放だけでは解決しない。」

投稿日:

1: 納豆パスタ ★ 2018/10/13(土) 09:31:43.16 ID:CAP_USER9
トルコ、米国人牧師を解放 拘束2年、関係悪化の原因に

トルコ当局の拘束下から解放され、同国イズミルの空港に到着したアンドルー・ブランソン牧師(中央左、2018年10月12日撮影)。(c)BULENT KILIC / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/7/810×540/img_37b5001caba1ee698b48e89c863b78b0161729.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/b/810×540/img_db70664ccdb59e3b40229b2a360093a8162448.jpg
トルコ当局の拘束下から解放され、同国イズミルの空港に到着したアンドルー・ブランソン牧師(中央、2018年10月12日撮影)。(c)BULENT KILIC / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/1/810×540/img_811088fa096312dcac1d70f01c368f1a102920.jpg
トルコ当局の拘束下から解放され、同国イズミルの空港に到着したアンドルー・ブランソン牧師(中央左、2018年10月12日撮影)。(c)BULENT KILIC / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/0/810×540/img_b051bc60365839da0d4522b685e1ab27137316.jpg
トルコ・イズミルで、当局の拘束下から解放されたアンドルー・ブランソン牧師の自宅前を警備する警察官ら(2018年10月12日撮影)。(c)BULENT KILIC / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/7/810×540/img_87bd465c5c8c32af6440f6f311ae914f156223.jpg
トルコ・イズミル県アリアーで、当局の拘束下から解放され、自宅へと向かうアンドルー・ブランソン牧師(左下、2018年10月12日撮影)。(c)STRINGER / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/3/810×540/img_030600fbdfccecec38c348b2e9983834204901.jpg
トルコ・イズミル県アリアーで、警察車両に乗せられ裁判所に到着したアンドルー・ブランソン牧師(中央、2018年10月12日撮影)。(c)TAYLAN YILDIRIM / DHA / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/810×540/img_a3725f5b06c1fce2e7ca12c96bf810ff149207.jpg

AFP 2018年10月13日 5:42 発信地:アリアー/トルコ [ トルコ 中東・北アフリカ 米国 北米 ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3193147

【10月13日 AFP】トルコの裁判所は12日、同国で2年にわたり拘束されてきた米国人牧師、アンドルー・ブランソン(Andrew Brunson)氏の解放を決定した。同牧師の拘束は、トルコにとって対米関係の危機と経済問題の火種となっていた。

 AFP特派員によると、トルコ西部アリアー(Aliaga)の裁判所はブランソン牧師をテロ関連の罪状で有罪とし、禁錮3年1月15日の刑を言い渡した。その上で裁判所は、未決勾留期間と公判中の素行の良さを考慮し、同牧師の自宅軟禁と渡航禁止を解除。牧師は解放された。

 ブランソン牧師の弁護士がAFPに語ったところによると、牧師はその後、トルコを航空機で出発し、ドイツを経由する帰国の途に就いた。トルコの半国営アナトリア(Anadolu)通信も牧師の出国を確認し、米国への帰還前にドイツに2日間滞在する予定だと伝えている。

 ブランソン牧師は2016年10月に拘束され、テロ組織支援とスパイ活動の罪で最長35年の禁錮刑を科される可能性があった。検察はその後、最長10年の禁錮刑を求刑。裁判所は同牧師をテロ組織構成員とは認定しなかったものの、テロ組織を支援したとして有罪判決を下した。一方、牧師と米当局はすべての罪状で無罪を主張した。

 ブランソン牧師の拘束は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国同士であるトルコと米国に近年でも特に深刻な外交問題を引き起こしただけでなく、トルコ通貨リラの暴落を招き、同国経済の脆弱(ぜいじゃく)性を露呈した。

 両国間には牧師の拘束以外にも複数の懸案があり、専門家らは、そうした問題は牧師解放だけでは解決しないと警告している。(c)AFP/Fulya OZERKAN

関連
【米国 vs トルコ】米政府:対トルコ関税は牧師釈放でも廃止せず-カタールはトルコ支援
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534383041/
【米国】対トルコ関税率2倍に トランプ氏、通貨急落理由に「現在、我々の関係は良くない」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533934796/

引用元: ・[【トルコ】米国人牧師を解放 拘束2年、関係悪化の原因に 専門家「問題は牧師解放だけでは解決しない。」

3: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 09:32:29.40 ID:eH+47AwY0
あら?トルコが折れたかw

5: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 09:37:07.42 ID:yh2mNzdG0
拘束って自宅だったのかよ

6: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 09:46:59.13 ID:aTrPLrpK0
何だかんだで利上げもやったし折れるとこは折れるんだな

11: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 10:12:28.35 ID:qy0mBz2p0
米トどっちの大統領もめちゃめちゃな人物 どちらの言うことも信用できない

12: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 10:21:00.68 ID:UxZ5xbv/0
サウジの反体制派ジャーナリストが行方不明になっている件と関係ありそうだな

13: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 10:51:36.62 ID:i4DadvaZ0
イランとの繋がりもヤバイんだっけ?

14: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 11:28:24.61 ID:UkHpRdm40
他にも10人以上のアメリカ人を拘束しているそうだ。
奴らは朝鮮人のように誘拐して人質交渉をやっている。
トルコ人も十分くず民族だ。

15: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 11:31:49.29 ID:/IK+cXCD0
独裁者エルドアンもさすがにトランプの強権には敵わなかったか。

16: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 11:53:12.16 ID:c/hkPa/v0
トルコこれからどんどんあがってくるな

17: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 12:02:22.16 ID:a8mqTqAbO
トルコは強がったって結果は孤立しちゃうだけやし

19: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 13:08:33.61 ID:S6lI5ZhL0
どの国も独裁国家はヤバイ

21: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 13:31:37.22 ID:dQ1QNsq50
https://ja.wikipedia.org/wiki/エルサレムをイスラエルの首都とするアメリカ合衆国の承認

アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領が2017年12月6日に
イスラエルの首都をエルサレムとして認識・承認した出来事である[1]。
これはアメリカの約70年にわたる外交政策の転換で、
アメリカ大使館もテルアビブからエルサレムに移転する計画を命じている

22: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 13:59:06.39 ID:fdrhJej50
なんか通貨下落だけでなく海外債務も結構あるらしいじゃん
なんで独裁者って経済に疎いんだろう

23: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 14:56:49.46 ID:q2cX+B6X0
S-400の問題が有るからこっちも解決しないと無理じゃね

-FX・デリバティブ

Copyright© 投ちゃん速報(FX・株・不動産・CFD・仮想通貨)@TRILOGY|投資系2chまとめブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.