GoogleAds responsible




経済ニュース・事件

アベノミクス失敗!黒田日銀が量的緩和撤退

投稿日:

関連記事1:黒田氏 緩和推進派と距離 「出口」など現実路線模索
関連記事2:黒田日銀総裁、記者会見へ 5年間の総括が注目点
関連記事3:日銀、大規模緩和を維持 現体制最後の決定会合
関連記事4:黒田日銀総裁、2%目標の達成「直ちに出口に向かうわけではない」

1: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 10:55:12.00 ID:zfdNZZYV
日銀は1月9日午前10時10分の金融調節で、残存10年超25年以下の国債買い入れ額を前回から100億円減額の1900億円と通知した。
また、残存25年超を前回から100億円減額の800億円と、昨年11月24日以来の減額に踏み切った。

28: デフレ指向の公労幹部(財務省、日銀の官僚たち)が財政破綻の元凶だ 2018/01/13(土) 04:45:52.74 ID:PtP1WoL5
白川方明をごり押しした売国(韓国、シナの走狗集団)民主党の輩は、「日銀金融政策の失敗による円高」はまったく認識できなかったし、今もまったく反省してない。
更に、現在でも工作員(>>1)を使って現在の金融政策による円高是正策の効果を批判している。いったいどこの国のための国会議員なのだ。円高是正策は、国際外交社会の問題でなく、もっぱら国内問題(日銀の金融政策の失敗の是正)なのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=SUrWmVBN4Sg

45: 名無しさん@3周年 2018/01/13(土) 14:59:21.62 ID:FumhyLxR
>>1
おい、どこが【間違いを認めた】なんだ??

相変わらず買取は続いているじゃないか

流石に嘘つきパヨの戯言ばかりだ

  【残存10年超25年以下の国債買い入れ額を前回から100億円減額の1900億円と通知した。】

2: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 10:55:29.07 ID:T0FX9bOG
黒田日銀は物価調整を甘く見ていたのが最大の失敗要因

売↑>買↓⇒取引価格↓
これは市場取引における価格調整。
政府は、生産性を上げて労働(消費)者から搾取する政策を実施してきた為に、
「売↑>買↓」状態であるデフレ状態(豊作貧乏に近い)を作り出した。
しかし、こうしたデフレの原因検証を怠ってきたばかりに、間違った政策を
何度も繰り返してデフレを長引かせてきたのだ。
原因検証を怠った付けはついに黒田日銀による異次元緩和と呼ぶ更なる愚策に繋がる。
故意にオイルショックに似た状況を作り出し、国民生活を苦しめるだけの自殺行為で
経済は麻痺して、個人消費の著しい低迷をもたらし、日本経済は悲惨なほど凋落した。
デフレが豊作貧乏ならばアベノミクスは凶作貧乏(中身が小さくなり物価が上がる)だ。

3: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 11:07:39.69 ID:gRgTEez1
銀行の体力低下が原因かな。まあ敗戦処理をしっかりやりたまえ、黒田くん。

4: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 11:48:35.50 ID:TZNiuDVZ
アベノミクスは麻薬政策、やめようにも容易にやめられない

政府、日銀が行った途方もない紙幣の印刷を通じて、
偽りの見かけ上の価値で膨らまされたバブルの世界。
しかし、そもそもが、こうした事態を生じさせた
同じ方法によって問題を解決しようとしている矛盾に、
国民は気が付かなければならない。
紙幣を無制限に印刷して指数的に紙幣を増やすということは、
実質的に自国の通貨を破壊して毀損して、
社会の全てのレベルで無政府状態を引き起こすことになる。
紙幣を刷り続けることは、直面しようとしている
壊滅的な危機を根本的には何一つ解決しないどころか、
事態を悪化させるだけということだ。
これだけ大規模のバブルがはじけたら、その致命的な影響が
いつまで続くのか、その影響が最終的にどんな結果を
もたらすのかを想像することさえ不可能なのだから。

6: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 15:39:11.59 ID:PImOHXRo

9: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 20:50:13.23 ID:DPY+Z374
アベノミクス・いまやデフレは脱却している
17/12/30

 12/26の11月消費者物価で、「財」の季節調整値が前月比+1.3にもなっていたのを見たときは、商業動態の小売業が実質でプラスになるか心配だったが、名目前月比は+1.9と物価上昇を超える大きな伸びとなった。
物価は、運輸や外食の力で「サービス」でも上昇しており、いまやデフレは脱却していると言って差し支えあるまい。
消費は停滞を脱し切れずにいるものの、景気の「実感」では、いわば供給側の景気ウォッチャーは9月に50超えを果たしており、あとは消費者態度指数である。この50超えが成れば、日本経済の復活は完了だ。

http://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/e/e8a4cfc0906c7430838eed646d0a3f76

10: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 22:33:05.60 ID:WJHRCVd5
 
    
    / ̄ ̄ ̄~)__
  /____/ヽ ヽ
 / /         | .∧
 | |           ヽ |
 レ| ≦__( ( __≧  | |
 (Y[ノ・ ]=[ ・ヽ ]=Y)
  (   ̄/    ̄  ) |  誰がやっても失敗してたと思いますよ、この政策は。
  |   ノ^ー^ ヽ    |  
  ヽ(( __|__ )) ノ 
   ヽ_____ノ    
    /V><V \    
    |   ヽ/   |
    | |     | |

12: 名無しさん@3周年 2018/01/10(水) 23:52:20.95 ID:zfdNZZYV
5年目の安倍政権 アベノミクス 的は外れツケが増えた
https://mainichi.jp/…/ddm/003/070/097000c

「経済を、取り戻す。」--。そう公約し、今の安倍政権は誕生した。
それから丸4年。あの時の約束はどうなったのだろう。

安倍政権が最も強調したのは「デフレからの脱却」と「経済の好循環」だ。
2%の物価上昇率、3%以上の名目経済成長率を達成する、と公約に明記した。
その実現のため登場したのが、金融政策、財政政策、成長戦略の「三本の矢」からなるアベノミクスだった。

第一の矢、つまり日銀による異次元緩和が的を外したのは明白だ。
物価上昇率は9カ月連続でマイナスで、「2年程度で物価上昇率2%」はかすりもしなかった。
第二の矢、財政政策はどうか。
毎年のように何兆円という経済対策が打ち出されたが、効果は持続していない。
法律に盛り込まれた消費増税を、経済状況を理由に2度も延期しなければならなかった事実は、
好循環が起きていない証しに他ならない。

安倍首相は、有効求人倍率の上昇や雇用の増加を成果として強調する。
景気対策による面も一部はあるだろうが、数字の改善=雇用の改善とは限らない。
高齢化に伴う介護要員の需要増や建設・運輸業界の人手不足が有効求人倍率を押し上げている。
高齢者が非正規社員として再雇用され雇用の総数を膨らませている面もある。
経済構造の変化が高賃金の雇用を生み、人々が希望の職を得るという望ましい姿はまだ遠い。

アベノミクス最大の罪は、重要な課題を先送りし、将来世代に回すツケを一段と膨らませたことだ。
異次元緩和に出口は見えない。2017年度末の国と地方を合わせた長期債務は1094兆円となる見込みで、
12年度末から約160兆円増える。

13: 名無しさん@3周年 2018/01/11(木) 06:40:49.59 ID:3EE7MLoa
アベノミクス終焉を向かえ、
浜田教授の懺悔と黒田総裁の暴走

金融関係者は驚愕した。
アベノミクスの理論的支柱である浜田宏一・エール大名誉教授が金融緩和政策の限界を認めたのだ。
〈私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象だ』と主張していたのは事実で、
学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない〉
金利がゼロに近くなれば量的緩和は効かなくなり、マイナス金利を深掘りすると金融機関のバランスシートを損ねるという。
「アベノミクスは、第一の矢である金融緩和が肝。第二の矢である財政出動はこれまでもやってきたし、
第三の矢である成長戦略は成果が出ていない。その第一の矢が折れつつあることを提唱者が認めたのです」(経済部記者)
ある経済学者は「80歳になってもなお学び続け、誤りを認められる浜田先生は学者として誠実な人」と評価するが、
壮大な実験の被験者となってきた国民は浮かばれない。
問題は、“実行犯”である日銀がいまなお失敗を認めず、“逃走”を続けていることだ。
2013年、黒田東彦氏が日銀総裁に就任し「2年程度で2%の物価上昇目標」を掲げたが、
いまだ達成できず、時期を6回も先送りした。
リフレ派の代表格として副総裁に送り込まれた岩田規久男氏は、
「2年で2%」という目標が達成できない場合は辞職すると公言していたが、責任を取ろうとしない。

14: 名無しさん@3周年 2018/01/11(木) 13:32:19.88 ID:Y1D1KbHv
奈落のアベノミクス。ジム・ロジャース氏も「日本の金融政策は、もう限界」

日銀が行った数々の金融政策、これらが日本経済、そして世界経済にとってもプラスになることは何1つない。
混乱を一時的に回避する手段にはなるかもしれないけれど、根本的な解決にはなっていない。
大量に紙幣を刷り、金利を引き下げ、資産を買い入れ、マイナス金利も導入した。
世界の中央銀行は今、パニックになってあらゆる策を講じている。
でも効かない。
日本はもう景気後退期に差しさしかかっている。
すでに調整は始まっているのだ。
2008年のリーマンショックの時より深刻な状況になるかもしれない。
債務は当時より膨らんでいるのだから。

29: 名無しさん@3周年 2018/01/13(土) 04:47:25.42 ID:PtP1WoL5
口先だけの民主党議員「私も円高は是正しなければならない、と思っています。」

30: IMFに潜入し外圧を装い円高誘導したのが財務省(官公労司令塔) 2018/01/13(土) 04:54:03.40 ID:PtP1WoL5
失業率が2..8%になって、更に下降ぎみ(構造失業率に近くなってきた)だから、金融緩和策の
「拡大は不要」と判断したんであって量的金融緩和策を「撤退」ということではない。

31: デフレ指向の公労幹部(財務省、日銀の官僚たち)が財政破綻の元凶だ 2018/01/13(土) 05:13:52.30 ID:PtP1WoL5
「量的緩和策だけでは賃金上昇(特に正社員の賃金)、消費拡大が緩慢だから財政引締策(プライマリーバランス原理主義)は変更する。」、
ということであって量的金融緩和策から撤退するということではない。「2020年のプライマリーバランス目標」が足枷になって
財政政策が疎かになっていた(財政規律原理主義者のいいなりになっていた。)から、それを反省して転換するだろう。
量的金融緩和策を現在レベルで維持したまま、積極的財政政策も導入するわけだ。現在の量的金融緩和策は、
欧米の先進諸国がこぞってリーマンショック後にとったレベル(白川日銀はまったくといってよいほど量的緩和をしなかった。)
で維持して円高是正のレベルを維持したまま、追加策として積極財政政策も導入するということだ。

32: 名無しさん@3周年 2018/01/13(土) 05:18:41.43 ID:cfWibLLh
景気動向指数 リーマンショック前の水準を回復
1月11日 15時20分

景気の現状を示す去年11月の景気動向指数は、スマートフォン用の部品の生産が好調だったことなどから、リーマンショックが起きる前の10年前の水準まで上昇しました。

景気動向指数は、内閣府が企業の生産や雇用、それに消費などの経済指標をまとめて指数にし、景気の現状や先行きを見る統計です。

内閣府によりますと、景気の現状を示す去年11月の一致指数は2か月連続で改善し、平成22年を100とした指数で118.1でした。
これは、リーマンショックの起きる前の平成19年10月以来、10年1か月ぶりの高い水準です。

中国など国外向けのスマートフォン用の部品の生産が増えたことや、エアコンなどの販売が好調だったことなどが主な要因で、内閣府は「景気は改善を示している」という判断を14か月連続で示しました。

また、景気の先行きを示す先行指数も、建設などに使われる鉄鋼の出荷が伸びたことなどで108.6となり、3か月ぶりに改善しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180111/k10011285221000.html

42: NHKをプロパガンダ機関にしてる売国財務省官僚 2018/01/13(土) 07:10:29.11 ID:PtP1WoL5
>リーマンショックが起きる前の10年前の水準まで上昇しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180111/k10011285221000.html

日本の円高産業空洞化、円高デフレは、リーマンショック以前から起きていたのです。
1997年の消費税増税から起きていたのです。後進国の追い上げによる産業空洞化
(設備投資の減少、失業率上昇、地方財政悪化)に加えて、更なる消費停滞などが
もたらされ、デフレ(需要不足)が固定化したのでした。
2014年の消費税上げでも同じように、エコノミストの予想を上回る消費の減退(つまり
GDP減、デフレ拡大)が起きました。
このように「リーマンショック以前に戻った」だけの表現(いかにも景気がよくなって、デフレを
脱却したかのような報道)では、事実の一面だけの表現で、「消費税増税の前の水準に戻った」
(別な言い方すれば、「2014消費税増税以降は大幅に消費減、GDP減が起きた。」)という
事実認識を阻害し、国民を錯誤に陥れる報道の一面を持っているのです。

財務省の狙い

「景気はリーマンショック前に戻って好景気になった。デフレ脱却した」(という印象操作)

「だから、消費税は10%にする。」

だと思います。10%にしたら、またもや、1997年以降と同じく、デフレ経済に突入するのが
目に見えています。

NI5やじる足は、

43: 名無しさん@3周年 2018/01/13(土) 09:18:32.35 ID:cP3xJ4fk
【悲報】アベノミクスで金融資産ゼロの世帯、過去最高の31.2%に増加
中央値は前年比マイナス20万円の380万円に減少

家計の金融資産、中央値は380万円に – ゼロの世帯は過去最高更新
2017年11月13日 15時48分

金融広報中央委員会はこのほど、2017年の「家計の金融行動に関する世論調査」の結果を発表した。
調査期間は2017年6月16日~7月25日、有効回答は3,771世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2人以上の世帯)。

○金融資産ゼロの世帯、過去最高の31.2%

1世帯当たりの金融資産保有額の平均は前年比73万円増の1,151万円と、2年ぶりに増加。
他方、中央値は同20万円減の380万円と、4年ぶりに減少した。

金融商品別の構成比をみると、「預貯金(郵便貯金を含む)」は前年比1.2ポイント減の54.1%。
一方、「有価証券(債券・株式・投資信託)」は同1.9ポイント増の18.0%、「生命保険」は同0.9ポイント増の16.7%となった。

金融資産保有世帯において、現在の金融資産残高が1年前と比べ「増えた」と答えた世帯は同6.3ポイント増の28.6%。
理由をみると、「定期的な収入が増加したから」は36.6%(前年37.8%)、
「定期的な収入から貯蓄する割合を引き上げたから」は25.2%(同27.5%)と、共に前年より減少したのに対し、
「株式、債券価格の上昇により、これらの評価額が増加したから」は14.7%(同6.9%)、
「配当や金利収入があったから」は10.0%(同7.2%)と、共に前年より増加した。

「金融資産を保有していない」と答えた世帯は同0.3ポイント増の31.2%と、過去最高を更新。
更に銀行等の預貯金口座、または証券会社等の口座に残高がない世帯は同1.1ポイント増の14.1%に増加した。

https://www.excite.co.jp/News/economy_g/20171113/Cobs_1688969.html

 

46: 名無しさん@3周年 2018/01/13(土) 22:02:26.01 ID:0ax089Ak
“アベノミクスは正しかった” GDP年率2.2%増、海外メディアが安倍首相の手腕を再評価

 4年半前に「金融緩和」、「財政出動」、「成長戦略」の3本の矢で、デフレ脱却を目指して始まったアベノミクスは結果を出せず失敗だった、という見方が広がっていた。ところが内閣府の発表では、
2017年1~3月期の日本のGDP速報値は年率換算で2.2%増となり、5四半期連続のプラス成長となった。緩やかながらも回復基調が続いていることから、海外メディアはアベノミクスの効果を認め、安倍首相の手腕を再評価している。

◆景気は回復基調。インフレは起こるのか?

 各メディアとも、日本経済が本格的に回復の軌道に乗ってきたと見ているようだが、我々の景気の実感に近い名目GDPは年率0.1%減となった。JPモルガンのエコノミスト、足立正道氏は、
増えた輸入コストを企業が消費者に転嫁しなかったためと指摘し、ここにインフレを起こすための日銀の苦労が表れていると述べる。同氏は「成長」が「企業・家計のデフレマインド」と綱引きをしている状態だと現状を説明する(FT)。
NYTは、アベノミクスの量的緩和が成長を押し上げる助けとなったことにほぼ疑いはないとしているが、欠けているものはインフレだと述べ、物価が動かなければ、今の流れが消えてしまうとしている。

◆アベノミクスは正しかった。今こそ財政目標は忘れてインフレを

 FTは、いつまでもインフレを起こせないアベノミクスは効き目がないと言う批評家たちは間違っていると断じ、安倍首相の手腕を高く評価している。日本の失業率はこの22年で最低となり、労働力確保は企業の課題となっている。
20年以上に渡り安くて豊富な労働力を確保してきた企業は、価格を上げるよりもむしろサービスの質を落とすことで人員削減に対応しているが、今後はそれも立ち行かなくなるため、インフレのための機は熟してきたと同紙は見ている。

◆長期政権による安定感も貢献。本格的景気回復は来るのか?

https://newsphere.jp/economy/20170520-1/

48: 名無しさん@3周年 2018/01/16(火) 21:51:31.81 ID:Sy3wqamf
2012年10月から2017年10月までの産業別就業者数の増減

ソースはここ。http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/zuhyou/lt01-c30.xls

まず全体では249万人の増加。2012年10月から直近までの産業別就業者の増加の主なものをあげると、1)医療・福祉が112万、2)情報通信が44万、3)卸売・小売り25万、4)教育・学習24万など。医療・福祉は多いけど全体の45%。
あたりまえだが、それ以外の産業でも増えている。最近では製造業、情報通信、卸売・小売の増加率の方が大きい。

以下、全部の産業別就業者の増減(2012年10月から2017年10月まで)

農業・林業 25万減
建設 8万減
製造業 19万増
情報通信 44万増
運輸・郵便 10万増
卸売・小売 25万増
金融・保険 15万増
不動産・物品賃貸業 9万増
学術研究、専門など 12万増
宿泊・飲食サービス 8万増
生活関連サービスなど ゼロ
教育・学習支援 23万増
医療・福祉 112万増
複合サービス 2万増
サービス業(他に分類できないもの) 38万減
公務(他に分類できないもの) 9万増

最近の雇用動向はここを参照
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201710.pdf

http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/touch/20171217/

59: 名無しさん@3周年 2018/01/18(木) 08:45:41.01 ID:JZvGbNNg
日銀総裁が金融緩和限界論、さらなる利下げけん制の見方も

日銀の黒田東彦総裁が、利下げによる金融緩和が金融機関の収益悪化を通じて
かえって金融引き締め効果をもたらすとの議論に言及し、市場関係者の注目を集めている。
さらなる追加緩和の効果は限定的として市場をけん制することが狙いとの見方が多いが、
将来的な超低金

61: 名無しさん@3周年 2018/01/19(金) 18:13:56.12 ID:ptEcDKIz
景気一致指数、10年ぶり高水準 半導体生産など好調
2018年1月11日 19:00

内閣府が11日発表した2017年11月の景気動向指数(2010年=100、CI)は、景気の現状を示す一致指数が10月より1.7ポイント上昇し、118.1となった。
2カ月連続で上昇し、リーマン・ショック前の2007年10月以来、約10年ぶりの高水準となった。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の広がりを背景に半導体関連の生産や出荷が好調だ。

内閣府は、一致指数からみた基調判断を「改善を示している」として据え置いた。

CIは指数を構成する経済指標の動きを統合して算出し、月ごとの景気変動の大きさやテンポを示す。前の月からの指数の変化で景気の「向き」を示し、水準で「勢い」をみることができる。

一致指数の直近のピークは17年8月の117.6で、消費増税直前の14年3月、08年2月と同水準だった。11月はこれらの水準を上回り、02~08年の戦後最長の回復の末期だった07年10月(118.7)以来の水準だ。

http://r.nikkei.com/article/DGXMZO25562660R10C18A1EE8000

77: 名無しさん@3周年 2018/01/23(火) 17:28:58.69 ID:0nebo1iF
 
 ◆重要事項◆ アベノミクス破綻に備えよ ◆拡散奨励◆

日銀の途方も無い大量の国債買い、株ETF買いは
いつまでも続けることなんてできません。
日銀総裁の黒田氏の会見での暗い表情がそれを物語っています。
歪みの生じた市場がクラッシュすることに備えてください。
庶民は節約に徹しましょう。企業は設備投資、雇用拡大は慎重に判断し、
内部留保をため、経済破綻に備えましょう。
 

-経済ニュース・事件

Copyright© 投ちゃん速報(FX・株・不動産・CFD・仮想通貨)@TRILOGY|投資系2chまとめブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.