投資助言業者トリロジーが投資家の皆さまにとって有益な情報を速報性をもってまとめた『2chまとめブログ』です。相場で勝ち続けるためには、相場参加者たちの意見を聞くことも重要です。

投ちゃん速報(FX・株・不動産・CFD・仮想通貨)@TRILOGY|投資系まとめブログ

nend 300×250 ( Spncered Link )


株・投信(ファンド)・債権

【株式前場値動き】前場の日経平均は小反落、企業業績に対する懸念などで上値重い【5/12 株価】

投稿日:

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/12(火) 12:47:32.74 ID:CAP_USER
立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
スレタイ検索 株式前場値動き
http://download.co.jp/news/bizplus/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%8D%E5%A0%B4%E5%A4%E5%8B%E3%8D
コロナの再感染拡大が懸念されるとして世界の市場は揃って下落傾向。ただ日本では(あくまで報道ベースですが)感染者が減少傾向にあるとのことがあってか、下落幅はそこまででもありません。
アメリカでは州ごとに規制緩和の動きが出てきたりトランプが(あとで検査の話だと釈明)勝利宣言してみたりテスラモータースが逮捕される覚悟で再稼働を宣言してみたりと、かなりうずうずしています。もう我慢の限界か。
後場は若干下げて20300円を下回る水準で再開しています。

[東京 12日 ロイター] –
前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比41円45銭安の2万0349円21銭となり、小反落した。新型コロナウイルスの感染第2波をめぐる警戒感が高まっているほか、国内では企業業績に対する懸念も台頭しており、上値が重い展開となっている。前日比プラスとなる場面があったものの、これまでの好地合いを引き継ぐことができなかった。

11日の米国株式市場では主要3指数がまちまち。ハイテクやヘルスケア株の上昇が注目されながら、日本株を押し上げる要因になっていない。立ち会い中に、中国国家統計局が4月の生産者物価指数(PPI)消費者物価指数(CPI)を発表したが、これらに対しても反応薄だった。

一方、外為市場ではドル/円が107円台半ばまで円安方向に振れ、これが株価を支える要因になった。ただ、前日に発表された日本企業の決算で、流通、製造業で実態悪化を示す発表が相次ぎ、これらが株価を抑えている。後場の立ち会い時間中に発表されるトヨタ自動車 の決算を見たいというムードも、全体の見送り気分を誘った。

市場では「三越伊勢丹ホールディングス 、三菱重工業 などの決算が厳しかったことが地合いを悪化させるとともに、全体の上値を重くしている」(野村証券・投資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声が聞かれる。

TOPIXは0.24%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0116億9300万円だった。東証33業種では、電気・ガス業などが上昇したが、海運業、ゴム製品、空運業などの下落が目立った。個別では、トヨタ自動車 、日本製鉄 などが軟調。半面、任天堂 が高い。

東証1部の騰落数は、値上がりが793銘柄に対し、値下がりが1274銘柄、変わらずが97銘柄だった。

2020年5月12日 / 12:03
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2CU0VZ?il=0

引用元: ・【株式前場値動き】前場の日経平均は小反落、企業業績に対する懸念などで上値重い【5/12 株価】 [エリオット★]

2: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/12(火) 12:47:40.03 ID:CAP_USER
本日の詳細

<11:05> 日経平均はもみあい、中国の経済指標発表に反応薄

日経平均はもみあい。立ち会い中に発表された中国の経済指標には反応薄となり「後場に発表されるト
ヨタなどの決算をみたいとのムードが強く、全体的に見送られている」(国内証券)という。

中国国家統計局が12日に発表した4月の生産者物価指数(PPI)は、前年比3.1%低下し、4年
ぶりの大幅な落ち込みを記録した。ロイターがまとめたアナリストの予想は2.6%低下。3月は1.5%
低下だった。

同時に発表された4月の消費者物価指数(CPI)は前年比3.3%上昇。ロイターがまとめたアナリ
ストの予想は3.7%上昇。3月は4.3%上昇していた。



<10:13> 日経平均はマイナス圏、米株先物の軟化を嫌気 トヨタ決算控え様子見

日経平均はマイナス圏。2万0300円台半ばを推移している。米株先物の軟化や、為替のドル/円が
朝方の107.60円台から107.40円台へ円高が進行したことが嫌気されている。S&P総合500
種Eミニ先物 、ダウEミニ先物 はいずれもマイナス圏で下げ幅を拡大している。

市場からは「経済活動再開への期待がある一方、新型コロナの第2波も警戒されており、売り買いが交
錯している状況。ベンチマークとなるトヨタ自動車の決算が13時に発表されるまでは、様子見ムードが継
続する可能性がある」(運用会社)との声が出ていた。


<09:10> 寄り付きの日経平均は続伸、上値は重く前日終値付近を一進一退

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比22円57銭高の2万0413円23銭となり
、続伸した。その後は前日終値近辺での一進一退となっている。

前日の米国株式市場では主要3指数がまちまち。韓国ではウイルス第2波到来の可能性が出ているほか
、ドイツでは1人の感染者が何人に感染を広げるかを示す「再生産数」が上昇しており、経済活動の再開に
向けたロックダウン(都市封鎖)措置の緩和が時期尚早である可能性が示唆されている。

東証33業種では電気・ガス業、医薬品、その他製品などが値上がり、空運業、海運業、ゴム製品など
が値下がりとなっている。S&P総合500種Eミニ先物 、ダウEミニ先物 はいずれもマ
イナス圏となっている。


<08:45> 寄り前の板状況、ファナックは買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン
、ソニー 、パナソニック が売り買い拮抗。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り買い拮抗、ファナック は買い優勢


メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっている。

3: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2020/05/12(火) 12:48:21.47 ID:RLcRYiO3
東京の感染者、ちょっと増えたら下がってるように見える気がす

4: 名刺は切らしておりまして 2020/05/12(火) 12:56:30.13 ID:6BJBKhug
これでも日銀が1200億買っちまうんだよなぁ

6: 名刺は切らしておりまして 2020/05/12(火) 13:08:04.58 ID:txpCy/6P
黒田コロナキイつけな





-株・投信(ファンド)・債権

Copyright© 投ちゃん速報(FX・株・不動産・CFD・仮想通貨)@TRILOGY|投資系まとめブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.